脱毛方法にはどんな種類があるの?

世の女性達は脱毛に通ってムダ毛処理をするのが当たり前になってきています。
脱毛と一口に言っても幾つかの方法があり、それによって得られる効果も違っています。

まず、永久脱毛だと定義されている唯一の方法がニードル脱毛です。
絶縁針を毛穴に刺して電気を流し毛根組織などを焼ききる方法で、施術した毛穴からは二度とムダ毛が生えてくることはありません。

毛穴1つ1つに針を刺して施術しますから時間がかかり、痛みもそれなりに伴います。
日焼けした肌やムダ毛が生えている状態でも施術可能で、シミやニキビ跡があっても大丈夫で白いムダ毛も脱毛することができます。

次に永久脱毛だとは定義されてはいませんが、永久性の高い脱毛方法であるのが医療レーザー脱毛です。
美容クリニックなどで行われていて、脱毛用の医療用レーザーを照射して毛根組織を破壊していきます。

黒いメラニンが含まれているムダ毛にレーザーが反応し、根元までエネルギーが熱として伝わって毛根などを死滅させることができます。
ニードル脱毛と違って広範囲のムダ毛を一気に施術できますから、施術時間が短くてすみますし痛みはニードルよりもはるかに弱いです。
レーザーは医療機関でしか扱うことができませんから、医療機関でのみ脱毛が可能です。

そして、脱毛サロンなどで行われている美容脱毛の光脱毛があります。
照射する光の原理はレーザーと似ていますが、複数の波長を組み合わせた柔らかい光を肌に照射してムダ毛を減らしていきます。

医療レーザー脱毛よりも照射パワーが弱いですから効果もそれに伴って弱くなっています。繰り返し行うことでムダ毛を減らすことができて、減毛や抑毛効果を得ることができます。
パワーが弱い分痛みも弱いですし肌にかかる負担が軽いというメリットがあります。

最後に即効性のある脱毛方法のワックス脱毛があります。
専門のサロンで行われていてワックスを毛に絡めて毛根から引き抜く方法で、一時的な脱毛効果しかありませんがその場でムダ毛をなくすことができます。

プールや海の直前など急を要する時には便利で助かります。ワックス脱毛を繰り返すと毛根組織などが退化して、毛が生えにくくなってきます。

現在主流になっているのは医療レーザー脱毛と光脱毛で、通う回数に応じてムダ毛が減っていきますから自己処理が不要となってきます。

永久脱毛であるニードル脱毛は古くからある脱毛方法で未だに根強い人気がありますし、即効性のあるワックス脱毛も人気を維持しています。