医療脱毛機関を選ぶ基準

ムダ毛の永久脱毛を行うためには、医療脱毛機関での施術が必要となります。そして今現在、そのような場所での永久脱毛法のメインはレーザー脱毛です。

レーザー脱毛とはメラニン色素に対してのみ反応する特殊なレーザーを使用して行われるもので、ムダ毛を作り出す組織を破壊することで永久脱毛を可能とします。

もう少しこの仕組みを詳しく述べるなら、このレーザーはムダ毛を伝って毛根とその周辺組織に熱を加えていきます。そしてその熱がムダ毛を作り出す組織を焼き殺すのです。

このような仕組みゆえに、レーザー脱毛を行う場合は熱によるチクッとした痛みが伴います。このレーザーの威力は脱毛エステでのフラッシュ脱毛の光よりも強いために、施術中の傷みはレーザー脱毛の方が若干強くなります。

それでもムダ毛の毛根は非常に小さなものであるために、このような痛みは我慢できないほど強いものではありません。

しかしこの痛みが非常に大きなものに感じられてしまうこともあります。
それは肌の調子が悪く、敏感になっているときです。

レーザー脱毛は一度の施術で完了するものではありません。何度かレーザーを照射し、永久脱毛が完了します。そのため何度か通院する必要があるのです。永久脱毛について詳しくはコチラ⇒ 永久脱毛おすすめクリニック!【効果と料金でランキング】

その間、肌の調子を整えておくことに細心の注意を払う必要があります。しかしどんなに注意していても、肌にトラブルが生じてしまうことがあります。

そのような場合、施術がストップしたり、一度肌の治療に時間を割くといったことが必要となります。もちろん施術を行ってくれる医師は専門的な知識を有しており、肌トラブルをふさわしい仕方で解決してくれます。

しかし施術中にトラブルが生じるのではなく、もともと肌が弱い人もいます。またアトピー性の皮膚炎などが原因で、自分にはレーザー脱毛が可能なのかがいまいちわからないという人もいます。

そのような人はたとえ医師が施術可能であるといっても、不安をぬぐい去ることができないかもし得ません。このような人は、皮膚科やアレルギー科のあるクリニックなどでレーザー脱毛を行うことができます。

そのような科の存在するクリニックであれば、万が一施術中に問題があったときに、すぐに専門医が駆けつけてくれます。

また疑問や不安な点がある場合、それらの相談に乗ってもらうことも可能です。
そのためアトピーなどが原因でレーザー脱毛を躊躇しておられる人は、専門の科が存在するクリニックで施術を受けることをお勧めします。

リゼクリニックでの脱毛について

最近、テレビCMなどでもよく目にするリゼクリニック。クリニックと言う事で美容皮膚科による医療脱毛になっています。
その為、脱毛サロンとは違うと言う事を確認しておく事が大切です。

そんなリゼクリニックでの脱毛プランは基本的に全5回コースになっています。
全身脱毛でも手足セットなどでも全5回の施術コースとなっており全5回コースで申し込み支払いを行います。

また、この5回コースの有効期限は5年となっている為、注意が必要です。
医療脱毛と言う事で、全5回のコースで脱毛効果を得る事ができる人がほとんどになっています。

しかし、中には、5回では満足しないと言う人もいるため、そんな人の為にリゼクリニックでは、5コース終了後の1回料金は定価の1/2以下の価格設定となっています。

その為、安心して追加での施術を受ける事が可能になっています。
例えば、ワキの場合、1回の施術定価は¥4,900ですが、5回コース終了後の場合、¥2,160で脱毛を行う事ができるのです。これらは、わかりやすくリゼクリニックのホームページなどでも確認する事が可能です。

その他、リゼクリニックでは0へのこだわりを強く持っています。
例えば、予約キャンセル料0円や剃毛料0円。その他、打ち漏れ再照射も0円となっており、他の脱毛サロンや医療機関では、必要になってくる事が多いお金を節約する事が可能になっています。
特に予約キャンセル料が0円と言う点は、忙しい人にとってありがたいサービスになっていると思います。

その他にも肌トラブルの治療代やお薬代も無料となっており、安心して脱毛を続ける事が可能になっています。

また、医療脱毛の場合、心配されるのがその痛みになります。
そんな痛みにおいても、リゼクリニックでは最善の注意を払い施術を受ける事が可能になっています。それでも、痛みを感じてしまうような人の場合は、麻酔の処方も行っており我慢する必要はありません。

これらの他にもリゼクリニックでは、予約の取りやすさを実現させるため、様々な企業努力が行われています。
その中の一つにLINEでの予約状況の配信があります。それをうまく活用する事で、予約状況を早く確認する事ができ、自分の予定に合わせた予約を取る事も可能になっています。

以上がリゼクリニックの利用方法になります。リゼクリニックの場合、全国展開しているクリニックになっている為、きっと、近くのクリニックを見つける事ができるかと思います。また、アクセスしやすいクリニックが多く通いやすいとも言えます。

初めての医療脱毛体験!

友人と原宿に遊んでいた時に声をかけられた街頭アンケートのお礼で、医療脱毛5回分の無料体験チケットをいただいたので先日早速体験してきました。

私は脱毛サロンでの脱毛体験はありますが医療脱毛での脱毛施術は初めての体験でした。
医療脱毛は効果が早く現れ脱毛終了期間も短くて済むというメリットとともき、施術時の痛みが大きく肌に合わないと荒れてしまうというイメージがあったので正直不安でした。

私と友人は池袋にある新しくできたベルシアクリニックというところで脱毛体験をしてきました。
レーザー脱毛なため効果が顕著に現れる分、人によっては副作用も現れる場合もあるために問診票など含めて多くの書類に細かく記入をしました。

そのあとクリニックの看護師さんから脱毛施術の流れについて説明があったあと、医師の方からレーザー脱毛施術の詳しい説明を受けました。

医療レーザー脱毛は黒いメラニン色素に反応して脱毛されるため、メラニン色素のない白い毛は反応されないそうです。

また医師が在住しているために強力なレーザー治療を行えることができ、万が一トラブルが起きた場合にはその場で対処してもらえるとのことでした。

痛みについてが1番の不安だったのでお聞きしたところ、「ゴムでパチンと弾かれたような痛み」と聞いたのでそこまで痛くはないだろうという印象を受けました。

医師からの説明を受け終わればいよいよ施術が開始されます。
私は手の指を脱毛箇所として選択しました。

処理を忘れていたため看護師さんが軽くシェーバーで処理してくれたあと、クリームを塗りレーザー脱毛を開始しました。痛みについては我慢はできますが細い毛の割にはかなり痛みます。

正直手の指の細く薄い毛でここまで痛むのであれば、ワキやVIOなどの太い毛はどこまで痛むのだろうと不安になりました。

また、施術直後は少し赤く腫れ痒みを伴いました。
冷感のあるジェルのようなものを塗布してくれたため痛みはすぐに引きましたが、痒みと腫れは痛みと比べて長引いた印象でした。

やはりサロンと違い強力なレーザー治療になるため痛み・効果が強く現れるのだと改めて実感しました。
その分、施術から10日ほどたった今でも手の指から毛は全く生えてきませんし、終了期間は短くて済むため「夏までに脱毛したい」など早く終わらせたい方にはもってこいだと思います。

私が医療脱毛と脱毛サロンと両方の脱毛を経験して思ったことは、どちらもメリットデメリットを考えて使い分けることが良いと思いました。

痛みを伴うのが辛いのであれば細く薄い毛は医療脱毛、太く硬い毛は脱毛サロンで施術する。
またはこの日までにここだけは脱毛しておきたいという希望があるならばその時期だけ医療脱毛を使用するなどです。

医療脱毛は強力な分効果は顕著に現れるし終了期間も短いですが、痛みや腫れ・痒みを伴います。脱毛サロンは痛みや副作用は少ない分、低出力なレーザー治療なために脱毛完了までには長い年月がかかります。

これらのことを踏まえて上手に使い分けることをお勧めします。
関連する記事:医療脱毛機関を選ぶ基準

制限枠にてお得にレーザー脱毛

28歳女です。昨年結婚したことを機にクリニックでのレーザー脱毛に踏み切りました。

お付き合い時代の週に1回のデートなら何とか誤魔化せたのですが、毎日一緒に暮らすとなると自己処理する時間もないし、油断してボーボー(夫はかなり体毛が薄いので引かれそう・・・)なのを見られるのも嫌だったので、高額ですが短い期間で終わる医療脱毛を選びました。

脱毛個所は脇・ひじ上下・ひざ上下・手足の甲・手足の指の9箇所です。
まずは料金について。そのクリニックは全身脱毛コース(VIOと顔以外の全身)とライトコース(ひじ上下・ひざ上下・手足の甲・手足の指)に分かれており、私はライトコース+脇を選びました。

何故か脇がコースに入っていなかったのです・・・。
しかし脇は単価が低かったので安心して追加することが出来ました。

またそのクリニック独特だと思ったのが「平日17時までの施術で40%オフ」というキャンペーンです。
平日フルタイムで働かれている方には難しいかもしれませんが、ある程度自由の利く学生さんや主婦の方には嬉しい特典だと思います。(施術自体は30分程で終了するので、フルタイムの方でもお昼休憩中に行けないこともない・・・?)

結婚を機に退職(当時は有給消化中)予定で、結婚後はしばらくパートをする予定だった私はもちろんこのキャンペーンに申し込みました。(ライトコースの通常価格は約32万円弱。キャンペーンに申し込んだら約27万まで下がりました)

またこのコースは回数制になっており、全4回か7回を選ぶことが出来ました。私は7回を選んだのでおよそ1年くらいで施術終了予定です。

ちなみに3回以上、予約日から3日前にキャンセルまたは日にちを変更するとペナルティとして回数を減らされます。
このペナルティ制度はよく聞くので他の脱毛機関でも同じようなルールがあると思います。

そして実際の脱毛について。初回は弱いレーザー出力から始め、どんどん強くしていくと説明がありました。
痛みの許容範囲は人それぞれですが、正直私はすごく痛かったです・・・。よく言う輪ゴムで肌を弾いた感じ、でした。しかし強烈に。

サロンでは冷却ジェル等を塗るところもあるそうですが、このクリニックは冷風を当てながらレーザーを照射という形式でしたので、風を最大に強くしてもらって何とか我慢できる、というところまで持っていきました。

こう書くと脅しのように聞こえるかもしれませんが、上半身が7回目、下半身が6回目というところまで来た今になって思い返すと、初回が一番痛みが強かったように思います。やはり毛根に反応するので、密集度合や濃度が強い初回~3,4回目あたりが痛みが強いようです。(元々あまり生えていない太ももや二の腕は最初から痛みは少なかったですし)

もちろん無理だと思ったら出力を下げてくれるので、もちろんその分効果は落ちますが遠慮なく看護師さんに伝えて大丈夫だと思います。

最後に効果についてです。脇はかなり薄くなりました。脇が一番濃くて密集ジャングルでしたが、細い毛がたまにまばらに生えるくらい。

これくらいならすぐにカミソリで処理できるので全く問題なしです。腕は元々薄い毛だったので比較できませんが、密度に関してはかなり薄くなったと思います。

脚に関しても同様です。
私は7回コースで満足ですが足りないと思ったら格安で1回ごとに追加できるので(これはコースで脱毛した方限定だそうです)アフターフォローも万全ですね。

脱毛方法にはどんな種類があるの?

世の女性達は脱毛に通ってムダ毛処理をするのが当たり前になってきています。
脱毛と一口に言っても幾つかの方法があり、それによって得られる効果も違っています。

まず、永久脱毛だと定義されている唯一の方法がニードル脱毛です。
絶縁針を毛穴に刺して電気を流し毛根組織などを焼ききる方法で、施術した毛穴からは二度とムダ毛が生えてくることはありません。

毛穴1つ1つに針を刺して施術しますから時間がかかり、痛みもそれなりに伴います。
日焼けした肌やムダ毛が生えている状態でも施術可能で、シミやニキビ跡があっても大丈夫で白いムダ毛も脱毛することができます。

次に永久脱毛だとは定義されてはいませんが、永久性の高い脱毛方法であるのが医療レーザー脱毛です。
美容クリニックなどで行われていて、脱毛用の医療用レーザーを照射して毛根組織を破壊していきます。

黒いメラニンが含まれているムダ毛にレーザーが反応し、根元までエネルギーが熱として伝わって毛根などを死滅させることができます。
ニードル脱毛と違って広範囲のムダ毛を一気に施術できますから、施術時間が短くてすみますし痛みはニードルよりもはるかに弱いです。
レーザーは医療機関でしか扱うことができませんから、医療機関でのみ脱毛が可能です。

そして、脱毛サロンなどで行われている美容脱毛の光脱毛があります。
照射する光の原理はレーザーと似ていますが、複数の波長を組み合わせた柔らかい光を肌に照射してムダ毛を減らしていきます。

医療レーザー脱毛よりも照射パワーが弱いですから効果もそれに伴って弱くなっています。繰り返し行うことでムダ毛を減らすことができて、減毛や抑毛効果を得ることができます。
パワーが弱い分痛みも弱いですし肌にかかる負担が軽いというメリットがあります。

最後に即効性のある脱毛方法のワックス脱毛があります。
専門のサロンで行われていてワックスを毛に絡めて毛根から引き抜く方法で、一時的な脱毛効果しかありませんがその場でムダ毛をなくすことができます。

プールや海の直前など急を要する時には便利で助かります。ワックス脱毛を繰り返すと毛根組織などが退化して、毛が生えにくくなってきます。

現在主流になっているのは医療レーザー脱毛と光脱毛で、通う回数に応じてムダ毛が減っていきますから自己処理が不要となってきます。

永久脱毛であるニードル脱毛は古くからある脱毛方法で未だに根強い人気がありますし、即効性のあるワックス脱毛も人気を維持しています。

医療脱毛とエステ脱毛って何が違うの?

脱毛を行う際、まず、決めなければいけないのが、医療機関で行うのか?それとも、エスタサロンで行うのか?と言う点です。
どちらも、脱毛方法の主流は光脱毛になっています。

その為、一見、どちらで脱毛を行っても同じように思えるのですが、この両者には大きな違いがあります。
その点を勘違いし、脱毛を始める事で、後々、自分が思っていたものとは違うと言った事も起こる場合がある為、確認しておく事をお勧めします。

まず、医療脱毛とは、医療と言う名前が付く事から分かるように医療機関で行う脱毛になります。
その為、医療脱毛を行っているクリニックに受診し、そこで脱毛を行っていく事になります。

医療機関で行うと言う事で、医師の診察もあり、医師の指導の下、脱毛を行う安心感は抜群です。
また、医療機関でのみ許されている強い光での脱毛が可能なため、より効果的な脱毛を行う事ができるのです。

その事から、永久脱毛と言えるのは、医療機関で行う脱毛のみとなっています。
また、皮膚トラブルなどが生じた場合は、すぐに医師に診察してもらう事もでき、万が一の際も安心です。

このようなメリットがあるものの、医療脱毛を行う際は、いくつかの点に注意しておく事も必要になります。
例えば、医療機関だからと言って、健康保険証が使えると言う事ではありません。保険適用外の診察になる為、すべて自費診療になります。

その為、費用は高くなってしまう傾向があります。その他、強い光で行う光脱毛の為、痛みを感じやすい人も少なくありません。
とは言っても、麻酔なども利用する事が可能なため、あまりにも痛い場合は、麻酔を処方してもらい苦痛なく脱毛を行う事は可能です。

また、1回の料金が高めになっているものの、医療脱毛の場合、施術回数が少なくても、十分な脱毛効果を出す事ができる為、トータルコストで比べた場合、一概に高いと言えないと言えます。

一方、エステ脱毛の場合、エステサロンで行っている事から、気軽に脱毛に通う事ができるようになっています。
月額定額制プランなどのプラン設定も多く、自分にあったプランで脱毛を進めていく事もできるようになっているのです。

しかし、光脱毛の出力においては、医療脱毛に比べ低くなるものの、完全に脱毛するまでには、かなりの回数脱毛に通う必要があります。その期間は平均2年半とも言われています。

また、医療脱毛のように完全脱毛と言う事は出来ない為、人によっては、数年後にまた、ムダ毛が生えてくると言った場合もある為、注意が必要です。

医療脱毛を始める前に確認しておくべき事

医療脱毛とは、そんなの通り医療機関で行う脱毛になります。
一方、エステ脱毛と呼ばれる脱毛は、エステで行う脱毛となっているため、医師などは滞在しない施設での脱毛になります。
この2点が両者の大きな違いとなってきます。

その上で、永久脱毛を行う事ができるのは、医療機関で行う医療脱毛のみとなっています。これは、厚生労働省によって定められています。

その為、一見同じように見えるエステ脱毛の場合は、永久脱毛を行う事ができると言い切る事は出来ないと言えるのです。その理由は、光の出力にあります。

医療脱毛でもエステ脱毛でも同じ光脱毛によって、脱毛を行う事が多くなっています。
その為、同じ効果を得る事ができるように思えるのですが、その際の光の強さを比較した場合、医療脱毛しか出せない強い出力があります。

その為、強い光を出す事ができる医療脱毛の方のみ、永久脱毛を行う事ができると言えるのです。
ただし、それだけ強い光によって脱毛を行うと言う事で、その分、リスクも考えておく必要があります。

例えば、痛みです。光脱毛の場合、出力が高ければ高いほど痛みを伴うと言われています。
その為、エステ脱毛に比べ医療脱毛の方が痛みを感じやすいと言われています。

また、火傷のリスクも出力が高ければ高いほど高くなると考えられます。
とは言っても、医師の指導の下、プロの施術師が施術を行う為、さほど心配する必要はありません。
また、万が一、火傷してしまった場合でも、すぐに医師に診察してもらう事が可能になっています。

その他、痛みにおいても我慢できない場合は麻酔の使用も可能となり、痛みに耐えながら施術する必要はありません。

以上の事以外にも医療脱毛を始める前に確認しておかなければいけない事は、費用の点になります。
エステ脱毛に比べ高額になりがちな医療脱毛。その為、必ず費用について考えた上で利用する必要があります。

しかし、最近では医療脱毛の料金も安くなってきている傾向があり、また、支払いが楽になる様々な料金設定を設けている医療機関も少なくありません。

少し前までは、医療脱毛の場合、まとまったお金を準備する事ができなければ、受ける事ができないと言った事も少なくありませんでしたが、最近では手軽な料金で脱毛を行う事ができる医療機関も多くなっています。

その為、初めから医療脱毛=高いと言う先入観を持たず、上手な料金プランの選択をしていく事をお勧めしたいと思います。